toggle
Misao Hosoya Official Web Site Misao Hosoya Official Web Site Misao Hosoya Official Web Site
美と調和の音

世界は音で出来ている。

自分の音を聴こう。

あなたの音を聴こう。

音楽を聴くように。

Nov 20, 2019

NEWアルバム 「VIOLIN-OTO-MANDARA」先行予約受付開始

3年ぶりのリリースとなります。

NEWアルバム
「VIOLIN-OTO-MANDARA」

本日より先行予約受付致します。

お申込みはこちらをご覧くださいませ。
お申込みフォーム

日本の精神性である「禅」や「和」の宇宙観、「美」をヴァイオリンのみで表現した音の芸術。

 

一定のものに捉われない幻想的なサウンドは、曼荼羅のように幾重にも重なる空間を創っていきます。

  静寂の世界、存在の源へ。

  アンビエントミュージックとしてもお楽しみください。

  【CD代金】
3000円  

11月30日お申込みまで送料無料

お申込みフォーム
Nov 18, 2019

[violin-oto-mandara] プロモーションビデオ

今制作中の新しいアルバム。
【violin-oto-mandara】
 
ようやく音源が完成致しました。
 
 
このviolin-oto-mandaraは日本の精神性である
「禅」や「和」の宇宙観がテーマになっています。
 
 
日本の美は文化、思想、自然など至るところにありますが、
中でも言霊の美は特別なものを感じます。
 
 
タイトルをつけていく中で、
いろいろと言葉を調べたりしていて、
日本語の豊かな表現を見つける度に、
日本語って美しいなぁと、何度も感じました。
 
 
例えば、
「光」という意味の言葉一つとっても、
いつの光なのか、どこから差す光なのか、
そして、そこに感情を重ね合わせる言葉があって、
この日本人の豊かな感性を感じずにいられません。
 
 
まさに「思いやる」心が、
そのまま言葉に反映されているように思います。
 
 
小学生の頃だったと思うのだけど、
柿本人麻呂の有名な和歌、
 
 
東(ひんがし)の
野にかぎろひの
立つ見えて
かへりみすれば
月傾きぬ
 
 
という和歌に出会った時、
何て素敵な情景なんだろう!
と、めちゃくちゃ感動したのを覚えています。
 
 
政治的な背景はともかく、
この短い言葉の中で、こんなに美しい情景を描き、
人を感動させることが出来るって、
何てすごいんだろうと思う。
 
 
日本の言霊って美しいですよね。
そこに情景だけでなくあらゆる感情を重ね合わせていく文化がある。
 
 
まるで音楽のようだと思います。
 
 
 
 
私が感じる日本の美を通して見た「禅」や「和」の宇宙観。
violin-oto-mandara
PVも作ったので,どうぞご覧ください。
 

2019年12月3日  Release

先行予約は近日中にお知らせ致します。

Nov 12, 2019

violin-oto-mandara

日本の精神性である「禅」や「和」
 
瞑想を通じ内観することで観じる境地。
 
先月末に天河の地護摩神事で弾かせて頂いた4日間、この「禅」や「和」の精神性を肌で感じることが多々ありました。
 
 
今、自分の内側から溢れる音霊が、
再びその方向へ私自身を導いている感覚があります。
 
「禅」とは。
「和」とは。
 
幻想の世界で真実を観ていく、
一定のものに捉われないその宇宙観を、
今、音で創作したい波が一気に来ています。
 
 
日本には美しい文化、思想がたくさんあります。
 
ヴァイオリンという西洋の楽器で、
日本の精神性を表現してみたい。
 
 
今制作中のviolin-oto-mandaraは、
そのイントロダクション的な作品となりそうです。
 
だいぶ完成が近づいてきました

 
1 2 3 4 5 19