toggle
Dec 18, 2018

無防備であること

傷つかないように守ったり、
失望感を感じないように守ったり、
怖さを感じないように守ったり、
あらゆることから守るのに必死でいる時は、 一番辛いかもしれない。

本当に感じていることから目を背け、その上に被せた感情は、やがて絡まって解けにくくなる。

本当の声を聴いてあげよう。

もう自分に嘘つかなくていいんだよ。

守らなくてもいい。

どんな自分も愛されていることを、自らが受け取ること。

無防備になって自分を開き続けていくこと。

どんな瞬間も、やっぱり世界は美しいと思う。


Comment





Comment



関連記事

最新記事