toggle

プロフィール

MISAO

神奈川県出身。
国立音楽大学首席卒業。同時に武岡賞受賞。
第8回日本クラシックコンクール第3位受賞。
1996年アジア各国から選ばれたメンバーによるアジアユースオーケストラに選出。
フランス・シャトーシャンにてW・グラドフ氏に師事。

在学中からフリーのヴァイオリン奏者としてオーケストラを中心に演奏活動を始める。
これまでサラ・ブライトマン、平井堅、SMAPなどクラシックからJ-POPまで多数の有名アーティストのコンサートツアー、レコーディング、テレビ収録で共演。
近年では白鳥哲監督の映画「祈り~サムシンググレートとの対話~」で演奏参加する。
日本3大弁財天の1つである奈良県天河神社の夏季大祭や秋期大祭、熊本県弊立神宮の五色神祭にて音霊奉納奏者に選ばれるなど活躍は多岐に渡る。

2013年 「君が代」やオリジナル曲を含む初のソロアルバム「The MISAOIZM」を発表。

2016年 2ndアルバム「Voltex~内なる平和~」発表。
現在はソロの演奏活動を中心に、
コンサートでは生きることの美しさ、儚さ、様々な感情を表現することで、人々の内側にある希望や情熱、愛と共鳴し、聴く者の意識フィールドを拡げている。